思春期に経験した悩み

美容整形

今までは思春期にはニキビはつきもので、できて当たり前の存在でしたが、他の病気や皮膚炎症の場合もある為、美容整形外科へ通い始め治療を行う事を薦めている方がたくさんいらっしゃいます。鏡を見るたびに憂鬱な思いをするよりも痕も残らないよう、美容整形外科でニキビを治療していきましょう。

整形によって治せる

女性

ニキビ跡は皮膚科ではなく、美容外科で治療することが人気となってきています。つまり美容整形という形になるので、手軽にキレイにできるからです。失敗しないためには、実績の高い美容外科を選択することが大事です。

クリニックの選び方

レーザー

ニキビ跡にも人それぞれありますが、レーザー治療ならば、多くの症状に対応しているので、そのようなクリニックを選ぶと良いです。一見すると探すのが難しそうですが、最近ではレーザーを扱うところが増えていることから考えると、今後はもっと手軽に利用できるようになりそうです。

治療の種類と注意点

美容整形

ニキビ跡消すには、レーザー治療がお勧めです。メジャーな治療方法は次の4つになります。炭酸ガスレーザー、フレクセルレーザー、クールタッチレーザー、ブリッジセラピーです。この中で最も肌へのダメージケアにこだわっているものは、クールタッチレーザーです。他のレーザー治療の場合は、ニキビ跡消すために、肌にレーザー熱を照射するだけですが、クールタッチレーザーはそれだけではありません。冷却ガスも噴射することで、肌が熱を持たないようにしているのです。肌に熱を持ってしまうと、どうしても肌トラブルの原因になってしまいます。そこで、放熱効果を求めて冷却ガスも同時に噴射します。これによって、ただニキビ跡消すだけでなく、肌へのケアも容易に行うことができるのです。

ニキビ跡消す方法としてレーザー治療を紹介しましたが、レーザー治療は万能ではありません。注意すべき点もあります。それは何かというと、レーザー治療を受けた後のアフターケアです。クールタッチレーザーがいくら肌へのダメージを抑えたものであっても、やはり熱を多少とも帯びており、肌はダメージを負っています。そのため、治療を受けて家に帰ったら、アイシングを徹底的に行うことが大切です。アイシングは患部だけで構いませんが、他にも日当たりの良い日に外出することを控えることも重要です。もちろん、どうしても外出しなければいけないときには、日焼け対策をすると良いでしょう。他にも化膿止めなどの薬があれば患部に塗布するのも有効です。